日本拓道会空手道連盟の概要

日本拓道会空手連盟は、拓殖大学空手部 OBの築舘孝昭首席師範が、1999年2月より、東京豊島区を中心に指導を開始し、現在、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県にて指導を行っている、松濤館(流派)の空手を主とした、四大流派(松涛館・和道流・糸東流・剛柔流)で有名な、伝統空手の連盟です。

Outline

The Japan Takudōkai Karate Association (JTKA) was founded in February of 1999, when head instructor Tsukidate Takaaki, a former member of the Takushoku University Karate Club, started teaching in the Toshima ward of Tokyo. At present we mainly teach at the Tokyo Area and the surrounding prefectures of Saitama, Chiba and Kanagawa. Our federation represents traditional Shōtōkan Karate, which is one of the four main schools of modern karate, besides Gōjū Ryū, Wadō Ryū and Shitō Ryū.

松濤館とは・・

松濤館の空手は、素手素足にて基本的に何でも有りで、現代風に言いますと、最も実践的な打撃系武術であると思います。

お互いの心がルールと成り、顔面への突き・打ち・蹴り、背面への攻撃、倒し技からの攻撃、すべてあり、極め(破壊力)のある技をコントロールすることにより、勝負を決します。

また、勝敗を決するには、相手に負けを認めさせるしかありません。ただし、現代社会において、後遺症を与えるほどの攻撃は行ってはいけません。

よく、寸止め空手と言う言葉を耳にしますが、全くふさわしくない表現であり、一撃必殺の技を磨く、最も合理的な伝統空手の代表的流派であると言えるでしょう。

指導理念

日本の伝統文化である武道としての空手を、後世へと正しい形で伝えてゆくこと。また、自らの人格完成への道として、空手を追求する日々の厳しい鍛錬による結果、青少年及び幅広い人材育成の場として、社会に貢献することです。

指導

世界においての日本が誇る空手として、常に、最高の技術指導と、最強の指導者と選手の育成を、心掛けております。

We do our best for bringing up the strongest leaders and player and teaching the highest technical guidance in the world. 

五条訓